のいちごの成り立ちと運営

~のいちごのなりたち~

 

のいちごは、1999年に、江南市内でリズム遊びのサークル活動をしていた親が集まって、互いの子どもを保育する「自主保育」の形式で活動をスタートしました。

 

その後、斎藤公子氏の子ども観・保育理念に感銘を受けた親たちが、「のびやかにたくましく育って欲しい」と願い、2000年、江南市力長町の民家を改築し、のいちご こども園の前身となる「のいちご共同保育所」を立ち上げました。

 

設立10周年を迎えた2010年6月末には、よりよい保育環境を求めて、高屋町の民家へ移転しました。 

 

その後、2011年6月には、特定非営利活動法人(NPO)の法人格を取得し、「NPO法人のいちご のいちご こども園」として新たなスタートをきり、現在に至っています。 

そして2012年3月に念願の児童支援施設「のうさぎ」を開設することができました。

 

~のいちごの運営~

 

のいちご こども園は、保育者と父母が協力して、園の環境整備や運営を行っています。

 

子どもたちがよりよい環境で遊べるように、そして、保護者が互いに支えあって子育てができるよう、プールの設営、畑や園庭の整備、バザーへの参加、キャンプ、もちつき、そりすべりなどの行事も皆で協力して楽しいひとときを過ごしています。

 

敷地面積は990㎡、園舎には広々としたヒノキのテラスがあり、ワックスがけや園庭の庭木の剪定や草取りなどの園庭の整備をみんなで協力してやっています。

 

季節の野菜が実る園庭の畑作りを行っています。

お父さんたちによるプールの設営と撤去を行います。

夏のキャンプ 山や川へ出掛け、父母同士協力し合い楽しいひと時を過ごし、交流を深めます。